このページの本文へ移動

【固定資産税・都市計画税】新型コロナウイルス感染症の影響により
期限までに事業収入の減少に係る軽減措置の申告をすることが困難な場合の手続きについて

「新型コロナウイルス感染症の影響により事業収入が減少している中小事業者等に対する令和3年度分の固定資産税・都市計画税の軽減措置」の申告に関して、新型コロナウイルス感染症の影響により、申告期限から継続して申告することが困難であったやむを得ない理由がある場合は、東京都都税条例の規定により期限の延長を申請することができる場合があります。

1 申請方法

やむを得ない理由により期限の延長を申請する場合は、以下の書類を提出してください。

  • ①固定資産税及び都市計画税に係る期限延長申請書(都税条例施行規則第22号様式
  • ②上記①の延長を必要とする理由を証すべき書類
    申告期限(令和3年2月1日)から当該理由がやんだ日まで、継続して申告することが困難であった必要があります。
    例)入院証明書、宿泊・自宅療養証明書(新型コロナウイルス感染症専用) 等

※提出書類が不足している場合は申請を受け付けられません。

※固定資産税及び都市計画税に係る期限延長申請書の提出は電子申告では受け付けておりません。

2 申請期限

期限までの申告ができないやむを得ない理由がやんだ日から15日以内

なお、理由がやんだ日は原則として、やむを得ない理由を証する書類により確認できる日とします。

3 申請先

所管の都税事務所(固定資産が所在する区にある都税事務所)

4 期限延長の申請ができる方(申告ができないやむを得ない理由に該当するケース)

新型コロナウイルス感染症により、申告書やその他書類の作成が遅れ、期限内に提出することが困難な方。例えば次の理由が挙げられます。

〇納税者(法人の役員や経理担当の従業員等を含みます)や税務代理等を行う税理士(事務所の職員を含みます)等が感染症に感染した、又は感染症の患者に濃厚接触した

〇認定経営革新等支援機関等の事務の遅れが生じた

【参考】国税の取扱い

なお、以下の場合は申告ができないやむを得ない理由に該当しません。

  • 申告することを忘れていた
  • 本制度を知らなかった


ページトップへ戻る