このページの本文へ移動

国税の申告・納付期限の延長(新型コロナウイルス感染症拡大防止及び
eーTax接続障害関係)及び助成金等の税務上の取扱いについて

令和4年2月3日、国税庁より、オミクロン株による感染の急速な拡大に伴い、確定申告期間(申告所得税:2月16日~3月15日)にかけて、感染者や自宅待機者のほか、通常の業務体制が維持できないこと等により、申告が困難となる納税者が増加することが想定されるため、申告所得税等の確定申告について令和4年4月15日までの間、簡易な方法により申告・納付期限の延長を申請できるようにする旨の発表がされました。

また、令和4年3月15日、国税庁より、e-Taxの接続障害により期限内の申告が困難な場合には、個別に申告期限を延長して後日提出できるようにする旨の発表がされました。

詳細は次のとおりです。

なお、事業を廃止した場合を除き、所得税の確定申告をした方は、個人事業税の申告をしたものとみなされ、別途申告する必要はありません。詳しい取扱いについては、所管の都税事務所等にお問合せください。

1 新型コロナウイルス感染症拡大防止関係

(1) 令和4年3月16日から同4月15日までの申告について

令和4年4月15日までの確定申告につきましては、こちら(外部サイト)のとおり国税庁において柔軟に対応しております。なお、新型コロナウイルス感染症の影響により確定申告が遅れる際は、こちら(外部サイト)のように申告することとご案内されています。

確定申告を上記のとおりに行っていただいた場合は、個人事業税においても柔軟に対応させていただきます。

(2) 令和4年4月16日以降の申告について

4月16日以降も新型コロナウイルス感染症の影響が続き、申告等ができなかった場合は、国税庁において、こちら(外部サイト)のように手続きすることとご案内されています。

2 e-Tax接続障害関係

令和4年3月14日に発生したe-Taxの接続障害によって令和4年3月16日以降に申告することとなった場合は、国税庁において、こちら(外部サイト)のように手続きすることとご案内されていますのでご留意ください。

3 納税通知書発送時期について

個人事業税は、原則として8月に納税通知書を発送しておりますが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響等により、一部の方については、9月以降に納税通知書が発送される可能性があります。その場合の納期についてはこちら(リンク)をご覧ください。

なお、新型コロナウイルス感染症の影響により納税が困難な場合についてはこちら(リンク)をご覧ください。

※ 各種広報物に掲載されている申告期限については、適宜読替えをお願いいたします。

4 助成金等の税務上の取扱いについて

個人事業税の課税標準となる所得金額は、所得税の事業所得等の計算の例に準じております。そのため、助成金等の取扱いについても所得税の事業所得等の計算と同様の取扱いになります。詳しい取扱いについては、こちら(外部サイト)の問9及び問9-2をご覧ください。

ページトップへ戻る